HOME > 小金屋食品ものがたり

koganeya_2017_web-01.jpg

「小金屋食品ものがたり」ストーリー

昔ながらの製法で作った納豆がある。
大阪の大東市、小金屋納豆で作られている製品のひとつ。

「なにわら納豆」だ。

「少人数でしっかりした品質」を掲げ、主婦が5人で作っている。
創業者であり現代表取締役社長である吉田恵美子の父、小出金司が成し遂げた「こだわり」の継承だ。

納豆工場の朝は早い時は朝5時には始まる。
それは創業の頃から変わらない。

まずは釜に火をかける。
釜は納豆作りの命だ。
釜を前にした父は一切の電話・接客にも応じず、全ての神経を釜に集中させた。
蒸気の抜き方一つでも、長年の経験から培われた職人としての勘が試される。

父は決して他人に触らせることはなかった。
病に臥せってから初めて母に口伝し、その役割を譲った。

1560445_648446418530167_1729876595_n[1].jpg
小出金司。

晩年、父は癌を患った。
家族で相談し、本人への告知はしないことにした。病床で意識が無い中でも父は私たちに聞く。

「納豆のできはどうや?」
「大丈夫やで、できてるで」

その言葉で安堵の表情に変わる。
お客様の笑顔が見えていたのだろう。
父は最後まで納豆が作りたくて、釜の前に立つ自分を夢見ていた。

平成15年。とても静かな日だった。
山形から大阪へ。
運命に打ち勝ち、夢を実現し続けた「納豆職人」小出金司の最後の言葉は、「あのな、もう一個作りたい納豆があるねん。」だった。

平成21年。「なにわら納豆」の完成。
山形で食べられていた昔ながらの製法にこだわった、藁でそのままくるんだ納豆。
ただただ、一生懸命だった。

「お父さん、私、頑張ってるで。」

思わずつぶやいた。
父の声が聞こえる。
「こんな昔の納豆、よう作ったな。有難うな、恵美子。」

大東市にある納豆工場には、永遠に継がれてゆく「想い」が息づいているのだ。
1503326_648446325196843_556990159_n[1].jpg



キャスト
福満”グリズリー”ヒロユキ(劇団●天八)
加藤崇幸(劇団●天八)
SACHI(劇団●天八)
笠原湧
柏原稀穂
桜井真也(劇団良弁杉)
澤田将太
中川理絵
松岡さゆり(TEAM-Luna)
矢野LEACH(劇団PingPongDASH)
山中響
スタッフ
脚本・演出:福満”グリズリー”ヒロユキ(劇団●天八)
音響・照明:高月佑介(セカンドステージ株式会社)
舞台監督:吉川亮(劇団往来)
舞台美術:宮島一規(劇団往来)
デザイン:CAORU
アクティブ・スクウェア・大東
住所:大阪府大東市深野3丁目28-3(深野北小学校跡地)
℡:0570-001-962
※JR学研都市線 野崎駅より徒歩5分
主催・協賛・制作
主催:大東市
協賛:大東倶楽部、小金屋食品株式会社
制作:劇団●天八、公益財団法人吹田市文化振興事業団












 アクティブ・スクウェア・大東 アクセスマップ

アクティブ・スクウェア・大東地図.jpg

12345