HOME > eimosswings

Amos2018_web-01.jpg

作品紹介

第一次世界大戦後のアメリカ。
多くの戦死者と多くの戦災孤児という、悲しい傷跡だけが残った。
戦後すぐのカーネル鉄道産業の出資によって建てられた孤児院。
そこに集められた孤児たち。その中に『絵本作家になる夢』をあきらめない少年、リタがいた。

「今、必要なのは機械技術だ。絵本作家だなんてバカバカしい。」
と、リタの夢に反対するカステロ先生。しかし、リタを応援するジッテ先生がいた。

そんな中、街ではカーネル鉄道産業主催の飛行大会が開かれることになる。
「街の発展のため」と街中が盛り上がるが、そこに見え隠れする「開催者の悪意」。



彼らの悪意とは?
飛行大会の結果は?
全ての鍵は一人の男が握っていた。
その男の名は・・・エイモス。

戦争という悲劇によって心に傷を負った人たち。
でも、
それでも、生きることをやめない。
絶望から立ち上がり、希望という大空に向かって飛び立つ。

ラグタウンという小さな港町での物語。




脚本・演出:福満”グリズリー”ヒロユキ

会場
HEPHALL

※最寄駅:阪急梅田駅、JR大阪駅、地下鉄御堂筋線梅田駅、谷町線東梅田駅、四つ橋線西梅田駅

アクセスはこちら

公演日時
10/20(土)15:00~、19:00~
10/21(日)11:30~、15:00~

※開場は開演の30分前

チケット料金
前売:3,800円
当日:4,300円

※お客様のご都合による払戻は受け付けておりません

※全席自由

※前売りチケット発売は7/7(土)午前10時より

キャスト
福満”グリズリー”ヒロユキ(劇団●天八)、HISAKO (劇団●天八)、加藤崇幸(劇団●天八)、SACHI(劇団●天八)
川崎千潤、桑原和也(澪クリエーション、劇団摂河泉)、澤田将太、潤之介、MISU(HIMEOUJI、コスつく)
わさこ(サテライト大阪)、井上100t(プロジェクト・コア)、岡田梨紗子(劇団星の旅人☆彡)
末永和也、吉田天斗(劇団星の旅人☆彡)、他
スタッフ
脚本・演出:福満”グリズリー”ヒロユキ
音響照明:高月佑介(LUNALTO inc.)
舞台監督:宮島一規(劇団往来)
舞台美術:宮島一規(劇団往来)
フライヤーデザイン:CAORU
企画・制作:劇団●天八

12345